ページタイトル

MOLD RELATED

金型関連

施工事例

主な解決事例

01

ウレタンゴムを加硫する金型において、通常のPTFEコーティングではヤニが付着する

PTFEコーティングは非粘着性が良く、薬品やごみの付着を防ぐことが出来る優秀な樹脂ではありますが、ウレタン(イソシアネート)とは相性が悪く、含浸しやすいです。含浸をするとフッ素本来の非粘着性能が低下してしまったり、塗膜が剥離してしまうケースもあります。そのため、非粘着性・耐薬品性に優れたFEPコーティングを提案。FEPは、焼成によりピンホールの少ない塗膜を得ることが出来るため、含浸を抑制することができます。

当社のKP-9029-2(FEP)をコーティングしたところヤニの付着が大幅に軽減いたしました。

02

タイヤ金型にフッ素樹脂をコーティングしているが、短い期間でコーティングの性能が落ちてしまう

スタットレスタイヤは、金型にブレードが差し込まれているため、構造が複雑で細部までコーティングがされないことが多いです。当社では、特殊塗装ガンを使用し、塗装回数調整、塗装時の金型の温度を一定に保つ等の工程を科すことで、細部までのコーティングを可能にしました。また、多種類に渡ってテストの耐久データを取得し、相性のいいプライマーとトップコートを厳選いたしました。
その結果、層間剝離を抑制し、他社にない耐久性の実現に成功しています。