ページタイトル

PLANT RELATED

プラント関連

施工事例

主な解決事例

01

円筒縦型タンクにて有機溶剤連続運転100℃にて使用したところ、他社ライニングが早期剥離した。

他社製ライニング仕様がETFEでした。
フッ素樹脂には、PTFE・PFA・ETFEなど多種多様な製品群があり、その特性も様々です。ETFEは、高温下での耐蝕性が他の樹脂と比較すると、性能が落ちてしまいます。薬液の種類、使用温度から最適な樹脂を選択しないと全く機能しないこともありますので、選定は非常に重要です。
 
当社では、お客様との入念な打ち合わせからライニングPFAを提案いたしました。
PFAコーティングに変更したことで高温による溶剤の膨潤を抑制することが出来るようになり、早期剥離を防止することが出来ました。

02

定修点検時ライニングに引っかき傷があった。目視でピンホールあり。

現地にて、引っかき傷部をフッ素樹脂溶接補修を行い、ノーピンホール仕上げで補修いたしました。 
当社は現地補修もしております。
※ライニング塗膜の傷、膨れ、捲れ具合では現地補修できない場合があります。 画像等がありましたら、お問い合わせください。