ページタイトル

CHARACTERISTIC

フッ素樹脂の主な特性

品質を作りこむフッ素コーティング

非粘着性

フッ素樹脂の種類の中でPTFE・PFA・FEPは、非粘着が優秀でほとんどの物に対して固着しません。粘着物によって樹脂の使い分けをします。

一般に、フライパンなどの厨房器具で非粘着性を要求される場合はPTFE、常温または比較的低い温度条件で高度な非粘着性が必要の場合はFEP、高い温度で高度な非粘着性が必要な場合はPFAなどの使い分けをします。

滑り・低摩擦特性

フッ素樹脂の摩擦係数は非常に低いため、滑りやすく、スティックスリップを抑制します。その優れた特性から摺動材に活用されることが多く、自動車用部品やガイドレールに使用されています。

絶縁性・導電性

フッ素樹脂は優れた絶縁性があります。
ノーピンホールに成型された皮膜は、導電する事はありません。

その逆に滑り性を目的に施工した場合、静電気が発生し摺動のさまたげになる場合がありますが、フッ素樹脂には導電性タイプがありアースで帯電している静電気を除電する事もできます。

耐熱性

フッ素樹脂は非常に高い温度で使用することが出来ます。
PFA・PTFEは、連続で260℃また最高使用温度は、300℃と過酷な温度の中で特性を発揮することが出来ます。

耐薬品性

フッ素樹脂は不活性で薬品に侵されることはほとんどありません。しかし、コーティング面が薄い場合は、皮膜にピンホールが生じやすくなり、そこから薬品が浸透し素材を腐蝕させるので、ノーピンホールに成形しなければなりません。

膜厚を厚くすることで、ピンホールレスに加工が行えます。一般的にコーティングの場合は300μm~1mm、回転成型(ロトライニング)やシートライニングで2~3mmの膜厚になります。その膜厚及び樹脂は、使用される薬品または使用条件で異なります。