ページタイトル

FLUORIC RESIN COATING

フッ素樹脂コーティング

PTFE

フッ素樹脂の中で最も多く用いられているのがPTFEです。非粘着性、離型性、低摩擦特性、耐熱性、絶縁性といった優れた特性を有しております。ピンホールが多いため、耐蝕目的には適切ではありません。1コートタイプと2コートタイプがあります。

非粘着目的

すべり目的

PFA

特性はPTFEに類似している点が多く、非粘着性、耐熱性などに優れております。また、PTFEと異なり溶解粘度が低いため、ピンホールの少ない皮膜を得ることが出来ます。主に簡易耐蝕目的・離型目的で使用されることが多いです。
1コートタイプと2コートタイプがあります。(ノーピンホール仕様の耐蝕目的はPFA厚膜になります。)

非粘着目的

すべり目的

FEP

非粘着性に優れており、滑らかなピンホールの少ない皮膜を得ることが出来るため、耐薬品性にも優れております。
耐熱温度はPTFE、PFAと比べると劣ります。(ノーピンホール仕様の耐蝕目的はFEP厚膜になります。)

非粘着目的

すべり目的

PFA (厚膜)

膜厚300㎛程度からノーピンホールの皮膜が得られ、フッ素樹脂の中では最高性能を持つ皮膜になります。優れた耐蝕性、耐薬品性を持つため薬品プラントなどに主に使用されます。

耐蝕目的

導電目的

FEP (厚膜)

PFAと比べると耐熱温度は若干劣りますが、耐薬品性能はPFAとほぼ同等です。表面の滑らかさは良好で耐蝕目的でも幅広く使用されています。

耐蝕目的

耐蝕目的

ETFE (厚膜)

ノーピンホール仕様の耐蝕目的のフッ素樹脂の中で使用温度100℃以下であれば殆どの薬品に対して使用可能です。

耐蝕目的

耐蝕目的

PTFE(導電)

通常のフッ素樹脂コーティングは、絶縁タイプとなっておりますが当社では導電タイプのフッ素コーティングも取り扱っております。
導電性フッ素樹脂コーティングは、従来のフッ素樹脂と同様に非粘着性や耐薬品性が向上するほか、防爆仕様や帯電防止の機能がプラスされるため、半導体関係やプラントなどで幅広く採用されております。

導電性目的

導電性目的